リフォーム現場レポート

  • 自然素材に囲まれた、ナチュラルモダンスタイルのマンションリフォーム②

    2010年1月12日火曜日

    【AFTER】
    Kさん邸のリフォームが完了!さて、タイル貼りのおしゃれなアイランドキッチンと、様々な工夫がもりこまれた和室空間は、どんな大変身をとげたのでしょうか。プランナーの竹本さんと一緒にリフォーム後のKさん邸へおじゃまして、ご夫婦に感想をお聞きすることができました!


    アイランドキッチンの圧倒的な存在感



    LDKに足を踏み入れてまず最初に目に飛び込んできたのは、
    鮮やかなブルーのモザイクタイルで覆われたアイランドキッチン!
    キッチンそのものの大きさもさることながら、タイルの質感と
    ほどよいムラ感のある鮮やかな青色が圧倒的な存在感を演出しています!

    「このキッチンの大きさにはびっくりしましたね(笑)!
    図面で見て予想していたのに比べて、”こんなに大きかったんだー!”
    と思って。」

    とおっしゃるのは、お料理が趣味というご主人。

    「すごく広いし窓からの光もそのまま入ってきて、
    明るくて開放感のあるキッチンになりました。
    動線がスッキリしたんで料理もしやすい。
    使い易くなって、リフォームして良かったな〜と思いますよ。」

    と、大満足のご様子です。

    インパクトあるブルーのモザイクタイルは、ご夫婦お2人のセレクト。
    いくつも提案された中から、直感的に選ばれたものがこれだったのだとか。

    「最初、タイルを貼るって聞いていったいどんな風になるのかなと
    思ってたんですけど。
    出来上がってみると存在感もあるし、イメージ以上に
    良いものになりました!」
    とご主人。


    飾り棚の部分についても、漠然としたリクエストが
    思った以上の形にしてもらえたとのことで、
    「他の部分も含めて、とにかく設計をレスティーロの小林さんに任せて
    本当に良かった!」
    と絶賛です!

    機能的にもデザイン的にも、ご主人の想像を超えた、納得のキッチンに仕上がった
    ということですね。


    「食洗器も便利だし。
    プラスチックの食器なんかは”ええんかな?コレいれても・・・”って
    思いながら、ちょっとずつチャレンジしたりして(笑)。」

    新しく設置されたキッチンをとても楽しんで使っていらっしゃることが伝わってきて、
    聞いているだけでこちらまでうれしくなります!


    大満足の収納力で活きたモダンな和室空間



    今回のリフォームで、奥様のお気に入りポイントは?とたずねると、

    「和室の収納です!」

    と即答が返ってきました!

    「リフォーム前は使いにくい押入や床の間の空間がもったいないなと
    思ってたんですよ。
    今回、畳の下に収納をつけてもらったり、ウォークスルークローゼットに
    したり、自分たちでは思いつかなかったようなところも
    色々提案してもらって。
    特にここの本棚、すごく気にいってます!
    意外とたくさん入るんです。」

    と奥様。

    クローゼットの右側の引き戸を開けると、
    奥行きが少し浅めの本棚スペース!
    あるとすごく便利なのに
    なかなか気づきにくい部分です。
    設計士の細やかな配慮が随所に光ってますね!

    さらに、カウンターの部分が掘りごたつ式になっていて、
    パソコンデスクとしても使えるのだとか。

    実際にカウンターのところに座ってもらうと、
    こんな感じに。
    パソコンを置いてパソコンデスクとしてもよし、シンプルにデスク代わりに使ってもよし。
    疲れたらそのままゴロンと畳の上へ寝転がったりもできますね♪
    素敵なプチ書斎です。

    そしてここが、収納力アップに加えて
    通気の問題を解消する目的もある、
    ウォークスルークローゼット。
    奥に見える茶色の扉を開ければ、
    寝室から和室を抜けてリビングまで
    風が通り抜けます。
    充分に広い収納スペースに、
    ハンガーをかけるハンガーパイプも
    しっかり設置されていて使い勝手も良さそう!

    和室とLDKの間には4枚のモダンな格子状の引き戸があります。
    廊下部分の1枚にはガラスが入っているのですが、
    なんとその他の右3枚は格子のみになっていて、寝室からリビングへ
    風が通り抜けるようになっているんです!

    「この和室は完全な個室として使う部屋ではないので、
    軽い目隠し程度に仕切るようなイメージにしたかったのと、
    やはり風が抜けるようにしたかったので、
    こういう形でご提案したんです。」

    と竹本さん。
    機能性とデザイン性がうまく融合された引き戸。
    徹底的に考え抜かれた設計に脱帽です。


    自然素材に囲まれる内装


    リフォーム後の住み心地をお聞きすると、

    「家に入った時、木のいい香りがする!」

    と奥様。ご主人も

    「あー、するねぇ!木の匂いだよね、いいにおい。」

    と同感のご意見。
    竹本さんによれば、無垢のフローリング材から、
    木のいい香りがしているんでしょうとのこと。

    Kさんご夫婦は2人とも化学物質が苦手とのことで、
    内装には自然素材を選ばれました。


    今回、採用されたフローリングは、
    Kさんの希望で無塗装のものを張られたそうですが、
    月日を経るごとに色味を帯びて、あじがでてくるのだとか。
    将来的には、無垢材用の塗料を表面に塗ると、
    また違った色や雰囲気を楽しめるということで、
    楽しみにされているご様子です。


    (漆喰塗料「しっくのん」)

    「今回、壁と天井には『しっくのん』という漆喰と同じ素材で
    練ってある塗料商品を使いました。
    壁紙やコンクリートの上からそのまま塗れる手軽な素材で、
    調湿効果もあるので、室内の結露防止にも効果があって
    すぐれものなんですよ。」

    と、内装について竹本さんが説明してくださいました。
    実はこれ、リフォーム前にご主人が洗面室の壁などに
    ご自身で塗っていらっしゃったのと同じ材料なのだそう。
    以前から自然素材にとても興味を持たれていたそうで、
    今回のリフォームにとても満足されているご様子のお二人です。

    リフォームを終えて


    リフォーム後に仮住まいから戻ってこられて、まだ日の浅いKさんご夫婦。

    「まだ片付いていないので落ち着いてないんですけど、
    家に帰ってくるたびに新鮮な気持ちです。」

    とご主人。
    今回のリフォームについて、他社にも何社か見積りを依頼されたそうですが、
    最終的にレスティーロに依頼した決め手は何かをうかがってみました。

    「やっぱり”プラン”と”人”ですね。設計や営業の担当者を信頼できたから、
    レスティーロさんに決めました。」

    とおっしゃるご主人に竹本さんは、

    「Kさんはしっかりとした思いを持っていらっしゃって、
    それを上手に伝えていただけたんだと思います。
    こんな住まいにしたい、こんな暮らしがしたいという
    ”イメージ”を伝えてもらったので、それを叶えるにはどうしたらいいか
    という事を、クリエイティブに考えることができたんですよ。
    とても楽しくプランニングできました。」

    と、お互いに楽しみながらのリフォームだったようです!
    きっとこれが相乗効果を生んで、イメージ以上の空間づくりにつながったのでしょうね。


    快く取材を引き受けてくださったKさん、ご協力いただきありがとうございました。


    >>自然素材に囲まれた、ナチュラルモダンスタイルのマンションリフォーム①【BEFORE】へ
    ◆自然素材に囲まれた、ナチュラルモダンスタイルのマンションリフォーム②【AFTER】




  • 物件別レポートアーカイブ

    RESTILOのリフォーム裏話

    フリーダイヤル 0120-40-0209

    フリーダイヤル 0120-40-0209