リフォーム現場レポート

  • シンプルに暮らす!たくさんのお客様をお招きする一戸建てリフォーム③

    2010年9月27日月曜日

    Sさん邸の大規模リフォームが完了しました!
    室内は全体的にナチュラルな雰囲気でまとめられていて統一感があります。
    フローリングは無垢材を使われていて、ほのかな木の香りがとても心地のよい空間!
    まるで新築のように変身したSさん邸の、完成レポートです!!
    竹本さんに同行して行ってきました。

    かわいく並ぶ玄関の採光窓


    新品のドアを開けてSさん邸におじゃますると、
    明かり採り用の小さな窓に目がとまりました。

    (採光窓にかわいい置物♪)

    窓枠がちょうど
    飾り棚のようになっていて、
    その一方には素朴な動物の置物がふたつ。
    なごみます〜♪

    きっと、お客様をお迎えするSさんの
    心遣いですね!

    「上にあった吹き抜けがなくなった分、以前よりも
     玄関内が暗くなってしまうことが考えられたので、
     明るさを保つ為、採光窓を設けたんですよ。」

    と竹本さん。

    さりげなく付けられたように見えますが、構造上、
    ここはちょっと大変だったのだそう。

    「2つの窓のちょうど真ん中のところで、筋交いが交差してるんですよ。
     もう、この位置にこの大きさでしか窓が付けられない状態で。
     筋交いを傷つけないように、気を使いました。。。」

    と説明してくださいます。

    この壁の中がどうなっているかというと・・・

    (採光窓の工事中の写真)
    あまりにも小窓が自然な場所にあるのでそんなふうには思えませんでしたが、
    ほんと、内部はキチキチの状態ですね!



    新しい下駄箱も据えられています。
    明るい木目調で、大きなサイズですが圧迫感なく溶け込んでいますね。


    シンプルで落ち着くリビング


    客間としても使われるというリビングへ。

    (フローリングの木目が美しいナチュラルなリビング空間)
    クローゼットにつけられた扉の木目ともマッチしていて、
    とてもナチュラルな空間になっていますね。

    「フローリングには、タモの無垢材を使ってるんです。
     ほどよい硬さと木目の美しさがあって、
     個人的にもおすすめの無垢材なんですよ。」

    と竹本さん。

    合板のフローリングとは違う風合いで、本当に木目がキレイです。
    浸透性の塗料で仕上げられているそうで、しっとりとした質感が素敵!
    木が持つ本来の性質を保たれたままということで、
    裸足で歩くと肌触りもとても気持ちいいです。




    あ、テレビの置かれている一角には、飾り棚があって、お花が活けられていますね!

    「最初の段階ではなかったものなんですけど、
     工事の途中で、お花を飾れる棚がほしいという奥様からのご要望があり、
     壁のコーナーに急遽棚を取り付けたんです。
     リフォームの途中でお客様から追加のご要望が出ることはよくあるんですけど、
     対応可能であれば、今回のようにサービスで対応させていただいてます。」

    と竹本さん。

    さりげないところですが、Sさんのおもてなしの気持ちが伝わってきます。
    臨機応変に対応いただけるのもうれしいですね。


    広々ダイニング兼ワークスペース


    一角にご夫婦の机を置いて、ワークスペースとしても使われるというダイニング。

    (ワークスペースも兼ねるダイニング。奥に見えるのがキッチン。)
    こちらも白と木目でまとめられていて、とても明るくナチュラルな空間です!

    左端に見えている造作けの戸棚の下あたりへ机を置く予定なのだそうで、
    その上には、ワークスペース用の照明もきちんと設けられています。

    造り付けの戸棚を開くと・・・


    「あらかじめここに収納する物のサイズをお聞きして、
     それにあわせて造ってあるんです。」

    と竹本さん。

    細かく仕切られていて、使い勝手が良さそうですね!


    そして廊下側の造作家具がこちら。


    収納にしては少し奥行きが足りなさそうにも思えますが、、、
    実は一部が壁内へ埋め込まれていて、見た目以上に収納力があるのだそう!

    造作家具の上は、少し壁がくりぬかれた形になっていますね。

    「物を飾れるカウンターとして使っていただけるように、
     上にはスポット照明もつけたんです。」

    と竹本さん。

    この壁にお気に入りの絵を掛けたり、カウンターの上に雑貨をディスプレイしたり、
    四季の花を活けた花瓶を置く事もできます。

    おもてなし上手なSさんのこと、ここもきっと素敵に飾られるのでしょうね。


    (戸を開けたところ)(引き出しを開けたところ)
    引き出しの取っ手は、プッシュすると飛び出すようになっていて、
    使わないときはフラットにしておけるんですね!
    邪魔にならないし、見た目にもとてもスッキリしています。


    収納力抜群のキッチン


    (鮮やかな赤が目を引くキッチン)
    ダイニング側から見ると白一色のシンプルなキッチンですが、
    一歩キッチン内に入ると、鮮やかな赤色が目を引きます!

    勝手口が使いやすい位置へ移動され、背面にはたっぷりの収納が設けられたキッチン。
    以前勝手口だったところも、上半分に窓がつき、下半分は収納スペースに変身しています。


    (膝で軽くポンと押すだけでこんなふうに開きます)

    「扉をポンと押すと手前に少し開いて、
     包丁などのキッチンツールを出し入れできるようになってるんです。」

    と説明してくださる竹本さん。

    調理中に手が濡れているときにも、
    膝を使ってポンッと押して開けることもできるのだとか。
    便利ですね!!

    (引き出し・上の段)(引き出し・下の段)
    そして、扉の下を持って引き出しても使える2WAY!便利です!!
    水廻り設備って着々と進化しているんですね。


    清潔感あふれる浴室・脱衣室と納得の収納アイデア


    こちらがユニットバスになった浴室。


    「シャワーのスライドバーは、手すりも兼ねてるんですよ。」

    と竹本さん。

    本来は、シャワーの高さを調整するためのバーなのだとか。
    今回は手すり兼用のスライドバーを採用したので、
    浴槽に出入りする時などの手すりとしても使えるのだそう。

    これなら別途にバーを取り付ける必要がなくて、空間もスッキリしますね。

    そして、こちらが洗面室。

    清潔感あふれる白に、洗面台下収納の扉のアクセントカラーが効いています。


    洗面室の収納は、上半分が開き戸、下半分は引き出しになっていて
    それぞれ別の方向に開けられるようになってます!

    「これはSさんのアイデアで。
     洗面台の下も引き出し収納になっているので、
     向かい合わせで引き出し収納を付けると、使いにくいんですよ。
     こうやって、違う方向に引き出すようにすれば、使いやすいですよね!」

    と竹本さん。

    (洗面台下の収納を開けたところ)
    なるほど!
    実際に使うときの事をよーく考えられています!


    1Fトイレもお客様を意識



    クロスを張り替えると同時に、便器等の設備も新しくなった1Fのトイレ。

    ペーパーホルダーや手洗いもお客様にも使っていただく事を考えながら
    セレクトされたようです。

    (埋め込み式の手洗い)
    手洗いは埋め込み式で、下は収納になっているそう。
    トイレ内に飛び出していないので、空間が広く使えますね。


    2Fの新設トイレ


    さて、吹抜けだったところに新しく設置された
    2Fのトイレの方はどうなっているでしょうか。

    (手摺もついたまっさらな階段)
    手摺のついた新しい階段をあがって2Fへ。



    2Fも全体的に壁クロスの白と木目で、ナチュラルにまとめられています!

    (2F用のトイレと手洗いカウンター)
    手洗いカウンターには、四角いボウルがのり、台の下は収納に。
    鏡もついています!


    そしてトイレの中はというと・・・



    奥の壁にブラウンのアクセントウォールがありました!
    あっここのカウンターの上にも置物が♪


    収納力を増した2室の押入


    収納力が格段にアップした2部屋を、一気に見せていただきました!

    こちらが布団を入れる押入収納のある洋室。


    そしてこちらがクローゼット収納のある洋室。


    クローゼットということで、一番右側の扉には鏡がつけられています。


    クローゼットの反対側の壁は、2Fトイレと同じ色のアクセントウォールに!!


    「全体的にナチュラルにまとめているんですけど、
     ”ちょっと遊びがほしい”というSさんのご要望もあったので
     アクセントを効かせてみました。」

    と竹本さん。

    ナチュラルな中に濃い色があると、全体がぐっと引き締まりますね。


    シンプルで快適な寝室


    最後に寝室を拝見。

    ベッドだけが置かれた、シンプルで快適な空間です。

    寝室は1日の3分の1もの時間を過ごす空間。
    こんなふうに自然素材に囲まれた空間で眠るのは、至福でしょうね♪

    路地からの目隠しフェンス


    室内をひととおり拝見した後、外に出て、
    路地との境に取り付けると竹本さんがおっしゃっていた
    目隠し用フェンスを見せていただきました。

    木目の板がはられていて、
    室内と同様に、ナチュラルな雰囲気であたたかみがありますね。



    新しいサッシや扉、きれいに塗り直された外壁などを見ても、
    本当に新築の住宅のようです!


    あちこちにさりげなく飾られている花や置物に、
    Sさんのあたたかいおもてなしの心を感じました。
    お客様をお招きすることが多いという、Sさんならではの
    アイデアがたくさん叶えられたリフォーム。
    今回の取材にご協力いただいて、本当にありがとうございました!






  • 物件別レポートアーカイブ

    RESTILOのリフォーム裏話

    フリーダイヤル 0120-40-0209

    フリーダイヤル 0120-40-0209