リフォーム現場レポート

  • ご夫婦こだわりのマンションリフォーム②

    2011年2月16日水曜日

    【AFTER】
    A様邸の中古マンションリフォームがついに完了しました。
    ご夫婦こだわりのフローリングはどのように仕上がっているのでしょうか!
    レスティーロの冨部さんに同行して取材に行ってきました。

    玄関を開けて中を拝見すると…

    濃い茶色のフローリングに白い建具が映える廊下が!
    床材として無垢材を使用してあるだけに、肌触りもとてもいいです。

    その廊下を歩いて
    LDK(リビングダイニングキッチン)のドアを開けると…

    LDK(リビングダイニングキッチン)は、シンプルでお洒落な空間


    まず目に飛び込んできたのがキッチン外側の壁面。
    なんとレンガでできているんです。

    白いレンガの壁面が、シンプルなお部屋のアクセントになっていて
    LDK(リビングダイニングキッチン)に映えています!
    
    (LDKの入り口から)  (キッチン右側から)

    キッチンの内側は、掃除をしやすいように
    キッチンパネルになっています。
    
    (キッチンの中から)  (キッチンの左側には収納棚が!)

    (キッチンの外から)

    (工事中)(完成!!)

    キッチンのカウンターには、足掛けが!
    ここに椅子を置いてのティータイム…想像しただけでワクワクします。

    カウンター横にある収納は、扉を押すと開くタイプ。
    造り付けの家具だけにLDKの雰囲気によく合っています。

    (フローリングとお揃い!)

    こだわりの無垢材のフローリング!


    今回のリフォームで一番こだわられた
    無垢材のフローリングですが

    「自然の木なので、密度によって塗料を吸い込みやすい所と
    吸い込みにくい所があるので、場所によって濃淡がありますが
    それがいい味を出してます。」

    と、冨部さん。
    
    (白と茶のコントラストが素敵!) (日向で見るとこんな色合い。)
    

    (日当たりもよくてぽかぽか! 自然塗料で塗られています)
    無垢材の質感が活きているのですごくナチュラルな感じです。
    あと 取材している中で実感したのですが、足が冷たくないんです!

    「これは、床材に無垢材を使用するために、
    コンクリートから遮音用の足を付けて低床に作った空間があるためなんです」

    とのことでしたが、あらためて無垢材のフローリングの心地良さにびっくり。
    マンションだから仕方ない…と諦めておられる方は
    ぜひ一度ご相談してみてはいかがしょうか!

    (バルコニー側から撮影)

    梁を有効活用したダイニングのライティング


    ダイニングテーブルの上にくる梁の部分にはダクトレールが設置され
    スポットライト2つが取り付けられています。

    「このダクトレールは、複数のライトをレール上に取り付けられるので
    ペンダントライトに変えたりライトの数を増やせるんです。
    あと梁にダクトレールを設置したことで、椅子などに乗らなくても
    照明に手が届くので移動も簡単なんです」

    と、冨部さん。

    長いダクトレールで、ダイニングからキッチンまで
    広範囲を移動させることができ、ライトの向きも自由自在。
    スタイリッシュな上に実用性も抜群です。

    (インテリアとしても素敵です)

    (ダイニングからキッチンまで自由自在にライティング!)
    ちなみに…
    こちらの写真の上に写っている館内放送のスピーカーは元々あったもので、
    レトロな雰囲気がいいので今回見える位置に移設されたとのこと。
    お部屋に馴染んでいます!

    シンプルだけど存在感抜群のUSAスイッチと陶器丸型スイッチ


    「リフォームが決まった頃に施主様からご相談があり
    今回初めて使ったのがこちらの
    『USAスイッチ(下の写真1、2枚目)』と
    『陶器丸型スイッチ(下の写真3枚目)』です。
    こうしたい!という要望をいろいろ言ってもらえたのが良かった。
    言ってもらえたからこそ実現できました!」

    と、冨部さん。

    (USAスイッチ/1スイッチ)

    (USAスイッチ/3スイッチ)
    写真の『USAスイッチ』は1スイッチと3スイッチですが、
    用途に合わせて1~4スイッチまで使用してあります。

    スイッチひとつでかなり受ける印象が変わるんですね!
    冨部さんも「また使ってみたい!!」と言われるこちらのUSAスイッチ
    シンプルだけど存在感抜群です。


    下の写真は、玄関を入ってすぐの廊下に設置してある
    とっても可愛いらしい『陶器丸型スイッチ』
    廊下の良いアクセントになっています。

    (陶器丸型スイッチ)  (アップで見るとこんな感じ)

    風通しも考えられたウォークインクローゼット


    こちらのウォークインクローゼットは
    LDKと玄関を入って左にある洋室との間に位置しているので
    ウォークインクローゼットのドア(引き戸)を開けることで
    部屋全体に風を入れることができるんです。

    と冨部さん。

    マンションで、玄関を開けっぱなしというのも
    なかなか難しいかと思いますので、これだと安心です。

    普段の使い勝手を考えてウォークインクローゼットの
    両方の入り口にスイッチが付けてあるのもいいですね!

    (奥に見えるのが洋室の窓)

    (LDK側から見たウォークインクローゼット)
    上の写真の点線部分は、ウォークインクローゼットの
    掃除機等を置くスペース(充電用のコンセント付)なのですが
    その上のスペースは?と言うと…

    なんとLDK(リビングダイニングキッチン)側の
    棚に使われているんです。
    ひとつの壁を上下で使い分けることができるなんで
    目から鱗でした!!

    (ドアが引き戸なので開けていても邪魔になりません!)

    サークルミラー(円形の鏡)があるバスルームとトイレ


    こちらに取り付けられているサークルミラー(円形の鏡)は、
    施主様がIKEA(イケア)でご購入されたものだそう!

    床も、テラコッタ調で素敵です!
    これなら毎日の身支度が楽しくなりそうですね。

    (おしゃれな洗面台!)  (奥の壁にも収納棚が作られています)
    

    ユニットバスは壁面の色を1カ所変えてあり
    モダンな感じ!

    (スクエアな浴槽が斬新なイメージ)

    こちらのトイレの床も、バスルームと同じテラコッタ調。
    写真には写っていませんが、上部には棚も作られています!

    (施主様こだわりの紙巻器が付いています!)

    ナチュラルな白いドア


    今回、取材している中で「いいな~!!」と思ったのが
    こちらの白いドア。

    木製のドアに白色の塗装をかけてあるのですが
    真っ白に塗るのではなく、薄っすらと下地の目を残すように
    塗ることで木の温もりを感じる仕上がりに。

    本当に細かい所まで配慮して
    作業を進められています!!

    
    (左がトイレ、右がバスルームのドア)  (LDKのドア)
    

    取材時に、LDKのドアにノブが付いていなかったのですが
    後日、頂いた写真がこちら↓ キラキラしていてすごく綺麗です!!

    (LDKのドアに付けられたガラス製ノブ!)


    「こういうティストは初めてだったのですが、とてもいい感じに仕上がりました!
    完成してこちらの現場に通えなくなるのが寂しいです。」

    と、冨部さんがおっしゃるくらい
    思い入れのあるこちらのマンションリフォーム。
    一歩、お部屋の中に入るとマンションの一室とは思えない
    素敵な空間を見せて頂くことができました。

    A様、本当にありがとうございました!!

    >>ご夫婦こだわりのマンションリフォーム①【工事中】へ
    ◆ご夫婦こだわりのマンションリフォーム②【完成】

    続きをみる

  • 物件別レポートアーカイブ

    RESTILOのリフォーム裏話

    フリーダイヤル 0120-40-0209

    フリーダイヤル 0120-40-0209