リフォーム現場レポート

  • 母娘で暮らす、防犯と動線重視のリフォーム住宅(1)

    2011年8月22日月曜日

    今回のリフォーム予定のお宅は、地域のメイン道路に面したY様邸。 以前は酒屋さんを営んでいらっしゃったそうです。 今日の取材はリフォーム前のBefore状態です。 リフォームの概要をレスティーロの冨部さんから説明して頂きました。 『今回は既存の店舗部分を貸店舗としてリニューアルさせると同時に、店舗と住宅を完全分離,更に住宅は1階と2階に完全分離し、お母さんと娘さんが1階と2階でプライベートを確保しつつ身近に暮らせる全面リフォームを計画しているんですよ。』 外観からも想像がつきますが、すごく広くて立派なお宅です。 室内にも入らせて頂きましたが、普通の年月を経た木造住宅とは少し違う大空間が取れているように感じられます。

    冨部さんに、何かいつもと違う事があるのか訊ねてみます。 『こちらの建物は構造体が木造ではなく鉄骨造なんですよ』との事。 鉄骨構造は木造の構造よりも“柱や梁”を大きく(間を広く)取る事が出来るので、広い空間や高い天井高を計画しやすいそうなのです。 では、リフォームもその利点を生かして・・・!と思いきや、鉄骨造では柱の太さが木造の柱よりも1.5倍~2.5倍くらいの太さで出てくる為、その柱がある位置によっては逆にプラン作りが難しくなる事もあるのだそうです。 やはり、それぞれの構造でメリット・デメリットがあるのですね。 そんな意外に難しそうな鉄骨造のリフォーム計画ですが、レスティーロさんの計画案はどのようになったのでしょうか? ↑1階平面計画図  お母様がお住まいになるスペースは、水廻り動線の短さが特徴ですね。 ↑2階平面計画図 娘さんがお住まいになる階です。 気になる鉄骨の柱は生活動線の邪魔にならない位置に綺麗に納まっていますね。 (これが簡単なようで・・・、実は難しいのだそうです) 実は今回リフォームを提案した際には、レスティーロさん以外に競合の会社が5社もあったそうです。 が、最終的に契約に漕ぎ付けたのがレスティーロさん。 それは、プロとしての平面計画の納まりや動線の良さ、プラス、お母さんと娘さんとお話してその中で出たご要望を一つ一つ丁寧にお聞きしてプランに盛り込んだ事だったようです。 店舗と住宅部分、そして1階と2階それぞれのプライベートが確保され、防犯性も高く動線の良い安心して住みやすい住宅へと。。。 愛情込もったリフォーム計画の完成が楽しみですね・・・! また次回、施工途中をご紹介したいと思います。

  • 物件別レポートアーカイブ

    RESTILOのリフォーム裏話

    フリーダイヤル 0120-40-0209

    フリーダイヤル 0120-40-0209