リフォーム現場レポート

  • これもリフォーム?ほとんど新築(増築)の斬新二世帯住宅(2)

    2011年9月20日火曜日

    今回はリフォームとは言えない!ほとんど新築住宅のO様邸、途中経過の取材です。
    このほど棟上を迎えました!←やっぱりリフォームの域、超えていますよね?!

     

    どこからどう見ても新築です(笑)
    が、リフォームである証拠は2階で既存家屋と繋がるべく、橋(廊下)が既存家屋に向かって突出している事です。
    素朴な疑問ですが、既存の家屋に繋がる新築の橋(廊下)は高さとか幅とかピッタリ合うのでしょうか?
    精度が要求される工事であることは間違いないですよね。


          ↓   ↓(この間で既存建物と新築部分が繋がる予定です)

    余談ですが・・、
    木材とその向うに見える青空とのコントラストが綺麗です。。。
    棟上の日はやっぱり晴天がいいですね!

    棟上当日は特別な日。
    お施主様からお弁当が配られました。
    皆様、お疲れ様です!

    お施主様のお母様曰く、棟上の状況は・・・『あっと言う間に建ったのよ!』
    今回の新築部分は普通の一般住宅よりは小規模なので、棟上はあれよあれよという間に一気に仕上がったそうです。
    翌日には1階~2階の床が出来ていました。早っ!
    梁が直交した部分には、しっかり金物(羽子板ボルト)が取り付けられています。
    羽子板ボルトは接合部を引きつけながら強く留め付ける金物だそうです。
    鋼板にボルトを溶接したもので、『羽子板の形に似ているのでこの名前が付いたんですよ。』
    と冨部さん。なるほど、確かに羽子板みたいな形してますね。
    既存の家屋を超える3階建ては圧巻です。 新築3階のバルコニー部分に陽が差し込む高さだと良くわかります。 レスティーロさんの垂れ幕も存在感たっぷりで・・・でも・・・しつこいようですが、リフォームのレスティーロさんの垂れ幕って言っても・・・どう見ても新築なんですけどっ!! では、また次回も。。。 限りなく新築に近いリフォーム、お伝え致します!

  • 物件別レポートアーカイブ

    RESTILOのリフォーム裏話

    フリーダイヤル 0120-40-0209

    フリーダイヤル 0120-40-0209